地酒

地方の酒蔵で日本酒の値上げが相次いでいるそうです。

主な出荷先である首都圏から遠い酒蔵が多く、
輸送費の上昇が重荷になっているとのことです。

電気料金の引き上げも重なり、
知名度の高い「越乃寒梅」なども値上げに踏み切ったそうです。

地酒ですか。

地ビールは飲んだことありますが、
地酒は飲んだことないですね。

とある地方の地ビールを飲んで、
お腹を痛くしたという過去があり、
それ以降、
地ビールは飲まないようにしています。

全ての地ビールが、
お腹に良くないとは思いませんが、
地ビールよりは、
アサヒスーパードライや、
サントリープレミアムモルツの方が、
おいしいと思いました。

ソフトバンクが王手

プロ野球のクライマックスシリーズファイナルステージは20日、
メットライフドームでパ・リーグの第4戦が行われ、
レギュラーシーズン2位のソフトバンクが、
10年ぶりにリーグ制覇した西武に8―2で快勝して2連勝を飾り、
対戦成績を3勝1敗としました。

西武はリーグ優勝による1勝のアドバンテージを加えても、
1勝差をつけられました。

21日の第5戦でソフトバンクは勝てば、
2年連続の日本シリーズ進出が決まるとのことです。

ソフトバンク強いですよね。

内川選手がケガから復帰したとかで、
活躍したようですね。

投手陣は、いまいちなようですが、
打線がすごいですね。

今年の日本シリーズは、
広島対ソフトバンクかな。

個人的には、
日本シリーズでの優勝が遠ざかっている、
広島を応援します。

国産木材の需要創出

全国知事会は、
国産木材の活用推進を目指すプロジェクトチームの初会合を開いたそうです。

2019年度予算の編成作業を前に、
木材の需要創出に取り組む自治体や民間企業への支援を強化するよう、
関係省庁に要請する方針を確認したとのことです。

建築物の木造化の促進などを柱とするPTとしての提言を、
19年6月ごろに取りまとめるようです。

42都道府県が参加するプロジェクトチームのリーダーには、
東京都の小池百合子知事が就任したそうです。

小池知事は、

「林業の経済性の向上、森林の再生・治山、地球温暖化防止、全国の共存共栄につながる」

と強調したそうです。

副リーダーとなった高知県の尾崎正直知事は、

「大消費地の東京が主導し需要拡大をはかっていただくと、中山間地域が潤う」

と述べたそうです。

木材ですか。

自然はそのままにしておいた方が良いと思うのですが、
林業がからんでくるんですね。

地球温暖化を本気で防止したいなら、
日本だけじゃだめですね。

世界で協力してやっていかないと、
意味ないと思います。

日本新三大夜景都市

夜景を観光に生かす取り組みを報告する。
「夜景サミット」が札幌市で開かれたそうです。

「日本新三大夜景都市」として、
1~2位には前回に引き続き長崎市と札幌市が、
3位には新たに北九州市が選ばれたとのことです。

夜景と言えば、
函館や神戸のイルミネーションという印象が強いのですが、
長崎と札幌が1位、2位ですか。

3位に北九州市とのことですが、
それらの中で行ったことがあるのは、
札幌くらいです。

札幌は、昔はラーメンがおいしかったのですが、
最近は、あまり話題にならないようですね。

昔の札幌の味を、
復活させてもらいたいです。

ショッピングセンター

ショッピングセンターの空洞化が進んでいるそうです。

店舗が増え飽和感が漂う一方、
事業を支えるテナント数が急減し、
駅前などの好立地でも閉鎖に追い込まれているそうです。

消費の中心地として機能してきたショッピングセンターだが、
インターネット通販の台頭などで強みは薄れているようです。

ネットにやられたようですね。

今までは、地方の商店街を苦しめていたので、
逆の立場になったということでしょうか。

これで、地方の商店街の苦しみが理解できると思います。

あんまり、大きすぎてもダメなんですね。

日本の「都市力」

森ビルのシンクタンクである森記念財団都市戦略研究所は、
国内の各都市が持つ特性を数値化した調査結果を初めて発表したそうです。

東京を除く主要72都市を対象に、
経済や文化など6分野のスコアを算出し、
総合順位で1位は京都市だったそうです。

地方都市では人口減少や産業の衰退が懸念されているとのことです。

2位は福岡市で、3位は大阪市だったそうです。

京都市が1位ですか。

京都駅には、
何回も行きましたが、
大きくて、
展望台の眺めも良かったですね。

清水寺にも、
2回ほど行きました。

それ以外にも、
京都周辺を散策しましたが、
金閣や銀閣などは、
京都駅から離れているようで、
見れなかったです。

経済でも1位とのことですが、
やはり、観光による収入でしょうか。

京都市。

夏は暑いので、
住みたいとは思いませんが、
人気があるようですね。

フグ陸上養殖

水質浄化システム開発のウイルステージが中心となり、
11月からトラフグを陸上で養殖する事業に乗り出すそうです。

水を循環、再利用する水槽を大津市と滋賀県甲賀市に設置、
約1年で3万8000匹を育て、
関西の鮮魚店などに出荷するとのことです。

赤潮や荒天など外的要因を受けにくい陸上養殖の利点を生かし、
将来はヒラメやサーモンの養殖にも応用するようです。

フグですか。

食べたことないですけど、
おいしいらしいですね。

ただ、不安があるので、
やっぱり、食べなくてもいいかなと思います。

迫る英EU離脱

英国のEU離脱まで半年を切ったそうです。

離脱の条件を巡る交渉は行き詰まり、
英国が時間切れのままEUの単一市場から放り出される、
「合意なし離脱」が、
現実味を帯びつつあるようです。

ヒト、モノ、カネの自由な行き来が寸断しかねず、
影響は世界に及ぶとのことで、
産業界は欧州の自由貿易圏が引き裂かれる、
最悪のシナリオに身構え始めたとのことです。

イギリスは、
TPPに参加するとか、
しないとか言っているようですが、
どうなるんですかね。

アメリカもTPPに参加しようとしているようですが、
こちらもどうなるか気になります。

今後、TPPが、
巨大な自由貿易市場になるのか、
気になるところです。