国産木材の需要創出

全国知事会は、
国産木材の活用推進を目指すプロジェクトチームの初会合を開いたそうです。

2019年度予算の編成作業を前に、
木材の需要創出に取り組む自治体や民間企業への支援を強化するよう、
関係省庁に要請する方針を確認したとのことです。

建築物の木造化の促進などを柱とするPTとしての提言を、
19年6月ごろに取りまとめるようです。

42都道府県が参加するプロジェクトチームのリーダーには、
東京都の小池百合子知事が就任したそうです。

小池知事は、

「林業の経済性の向上、森林の再生・治山、地球温暖化防止、全国の共存共栄につながる」

と強調したそうです。

副リーダーとなった高知県の尾崎正直知事は、

「大消費地の東京が主導し需要拡大をはかっていただくと、中山間地域が潤う」

と述べたそうです。

木材ですか。

自然はそのままにしておいた方が良いと思うのですが、
林業がからんでくるんですね。

地球温暖化を本気で防止したいなら、
日本だけじゃだめですね。

世界で協力してやっていかないと、
意味ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です